算数が得意な子と、得意でない子の脳の違い。

計算問題を解く時、スラスラと解いてしまう子供と、問題を見るのもイヤだという子供がいますが、脳を分析すると、違いは無いという研究が発表されました。

ネットでお買いものは、漫遊ネット

尤も、「脳」という人の中で最も未知な分野ですから、現段階では判断できないと思うのですが・・・・

ともあれ、スーパーキッズと言われる子がいるのは事実で、大学で学ぶ微積分などでもスラスラと解いてしまいます。

あの子の脳はどうなっているのだろう・・と思うのですが、ある脳の画像分析のスペシャリストによると、違いは見つからないと言われます。

では、その違いはどこから?。

という事になると、生まれた時の脳は、殆ど同じで、成長する過程で違いがでるのではないかと、私の様なバカに気休めの様な、結論が出たとの事です。

とすると、成長の仕方が違うのではないか?と、言う事で、やっぱり脳が違うのではという事に関して、それも同じで生活の中で違いが出ると言われます。

いわゆる、英才教育ではとも思うのですが、赤ちゃん時から英才教育をしても、全てが秀才と言われる様にならないです。

以下記事引用
「算数の問題を解く際には、脳の複数の箇所を使います。脳には大きく分けて、前頭葉、後頭葉、頭頂葉、側頭葉がありますが、それぞれ、運動、視覚、聴覚、記憶など人間が生きていくうえでのさまざまな活動をつかさどっています。脳の中にも、いわゆる『役割』というものがあるのですが、現在の研究では、算数や数学のいろいろな問題を解くときに、脳のどの箇所を使っている、と特定はされていません」

たとえば国語が得意なら、言語や感情をつかさどる部分、美術が得意なら視覚をつかさどる部分を主に使う、というようにある程度特定できるが、算数や数学の場合は、そうではないらしい。

「脳の損傷研究でわかっているのは、脳のどこが壊れても、ちょっとずつ算数や数学の能力が下がるということ。つまり、算数や数学の問題を解く際には、脳の複数の部分を同時に働かせていると考えられます」

「Aが、悩んでいるとき、Bが楽に解けるときの脳のイメージです。初めて問題が出されたとき、脳の中ではああでもない、こうでもないと思考がさまざまな箇所を巡って答えを導き出そうとします。これがAの脳」
 問題を解くためにはどの部分を使えばいいかまだ絞り切れていない状態です。

「一方で、楽に解けるときの脳では、脳のどの箇所をどの順番で使えばいいかが特定されています。そのルートが出来上がっているので、スムーズに思考回路がつながって、解答が出せるのです」
 なるほど。
これが先ほどの「問題を解く回路」というわけだ。

「解けない問題が解けたとき、カチッと何かがはまったような感じがして、すっきりした経験があるでしょう。これが、回路がつながった瞬間なのです」
 一度解いた問題をもう一度解いたときに簡単に感じられたり、前より短時間で解けたりするのは、この回路が出来上がっているからなのだ。Bの脳では、脳に負担がかかっていないクールな状態。脳は無駄なエネルギーを使わなくて済むのである。一方で、Aでは脳の中で思考の試行錯誤が行われているので、かなりの興奮状態だ。
「問題が解けなくてどうしていいかわからない、頭の中がふわ〜っとなるような感じが、まさしくAの状態なのです」

この回路を専門的に説明すると、神経細胞同士がネットワークを形成していくということ。約千億個以上の神経細胞がある脳は、細胞同士が集まって思考の中枢となっている神経細胞と、その神経をつなぐ連絡線維の二つで構成されている。脳が適切な刺激を与えられてさまざまな情報を吸収していくと、それまで未発達だった神経細胞と連絡線維は、樹木の枝が伸びるように他の細胞とつながっていく。使われることで回路は太くなり、より楽に問題を解けるようになる。


「人間は生まれると『周りの人はこうしている』とまず他人を認識し、その後だんだん『自分はどうなのか』と、自分を確かめるようになります。

算数で一番育まれるのは、前頭葉で発達するこの自己認識能力だと思います」算数には必ず答えがある。

問題を間違えた場合、自分がどこで誤ったかというプロセスを計算式の中で確認できる。

それを認められる子は、どんどん成長していける。


答えが間違ったという事実だけを意識する子は、それ以上先へ進めません。

算数で間違いを把握する作業は、自己認識能力につながる。

親は、子供が算数の問題で間違えた際に、どこでどんな間違いをしたかを子供自身が把握しているかにも気を付けたいところです。

問題が解ける、解けないで一喜一憂することよりも、この問題を通して、子供の自己認識能力が成長しているんだ、と考えてみる事なのだそうです。

陽だまりの休息
T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
https://www.xggh.org/tb.cgi/103

C O M M E N T


Name :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  1000


   プレビュー