過度のダイエットで植物人間?

インターネットのニュースを見ていると、中国で女子大生が過度のダイエットで植物人間になったという話題が取り上げられ、行き過ぎたダイエットの危険性を伝えていました。

報道によれば、女性は半年前から食事を減らしてダイエットしていた。

1カ月前から発熱と頭痛を繰り返すようになり、その後突然全身がけいれんするようになった。

病院で診察した結果、女性は重症の脳膜炎と診断され、知力に障害が残った。

知能は6歳児並みに低下し、回復することはないという。


また、過度の節食とダイエットにより抵抗力が低下して結核菌に感染、それが大脳にまで到達して結核性脳膜炎を患い、最終的に植物状態になった患者を診察した事があるという。


その専門家は、過度の節食やダイエット薬の摂取による減量の危険性について語っています。

ダイエット薬にはダイオウ(大黄)やセンナといった瀉下(しゃか=下痢)作用を持つ成分が含まれており、肝臓や腎臓、心臓を傷つける恐れがあるだけでなく、下痢を引き起こす可能性があるという。

「節食してダイエットしている人が、下痢によって多くのエネルギーを消耗すると、抵抗力が急激に低下し、ウイルスが体内に侵入しやすくなる。

これは身体をこわすだけでなく、ひどければ命に関わることになる」として、過度のダイエットに注意を呼びかけた。



過度の節食によるダイエットは、既に拒食症などの摂食障害による副作用が起きる事は知られています。

無理なダイエットは、栄養が行き渡らないので、栄養不足になり健康に良くない事は当然でしょう。

痩せる事が出来ても、健康が損なわれない適度なダイエットが大切という事でしょう。


置き換えダイエットの!置き楽美人
半年間142人のモニターが満腹感を実感!?
見た目が変わる秘密

置き換えダイエットにオススメ
短期集中・置き換え酵素ドリンクならベジデーツ
T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://www.xggh.org/tb.cgi/118

C O M M E N T


Name :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  1000


   プレビュー