冬を知らせる木枯らし1号

近畿地方では最大瞬間風速を記録し、木枯らし1号の風が吹き、関東ではアラレが降ったようです。

霰・あられ木枯らしは、太平洋側地域において晩秋から初冬の間に吹く風速8m/s以上の北寄りの風のことで、冬が近ずいた事を示す気象現象です。

ウィキペディアによれば、日本の気象庁では10月半ばから11月末にかけて西高東低の冬型の気圧配置になった時、北よりの風速8メートル以上の風が吹くとその風を「木枯らし」と認定する、とし、気象庁は最初の風を「木枯らし1号」として発表します。

もちろん木枯らし2号や3号もあるようですが発表はされません。

春には、春一番という風があり、日本の風情を感じます。

お正月になると、「おせち」ともいい料亭おせちなどで、年初めを祝います。

日本語には、季節によって、色々な呼び方をするので難しいです。

また、この季節になると毎年、福島県の猪苗代湖にハクチョウが次々と飛来し、本格的な冬の訪れを告げているようです。
T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
https://www.xggh.org/tb.cgi/128

C O M M E N T


Name :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  1000


   プレビュー