豊胸手術のシリコーン破れる恐れ

女性は胸・バストが小さい為に、大きくしようとして手術する人が沢山います。

手術でシリコンのバッグを詰めて大きくする場合、手術の性質から傷や後遺症に悩むケースが多くあるようです。

この度、フランスの企業が製造していたシリコーン入りの豊胸バッグが、体内で破れる恐れがあるとして、フランスの保健省は、豊胸バッグの除去手術を受けるよう勧告したようです。


自然に豊胸・バストアップできるB-UPガールズなら、手術しないため安心です。

対象になる人はフランスだけで約3万人に上るとみられ、日本を含む65カ国以上で販売されていたという事でもっと多くなるようです。


問題のバッグは、昨年倒産し清算手続き中のポリ・アンプラン・プロテーズ(PIP)社が製造したもので、医療用でない工業用シリコーンを使い、発がん性を指摘する声も出て、フランス保健省は、このバッグを使用した女性が「他の女性と比べ発がんリスクが高いわけではない」としながらも、体内で破れて炎症を起こす恐れがあるため、予防措置として除去を勧告しました。


折角手術が成功して、豊胸に成功しても、また手術で除去しなければならなず、又豊胸に悩む訳ですから深刻です。


こういう時にはやはり、手術に頼らない豊胸法のB-UPガールズを試してみるのもいいのではないでしょうか?


PR オーソトラリア(豪)は資源が豊富で、通貨も比較的安定しています、豪ドルのFX売買配信ならキウイ王FX


PR 総合病院院長の「くまひげ」率いる投資軍団によって開発されたFX新理論FXバックドラフトで、トレードを優位にしませんか?

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
https://www.xggh.org/tb.cgi/74

C O M M E N T


Name :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  1000


   プレビュー