激動の為替相場

2011年8月の為替相場は、アメリカの債務や経済の先行き懸念などで、過去最高の円高に迫り、遂には日銀の為替介入で対ドル80円まで戻しました。


しかし、日本単独の介入とあって、欧州では批判されているようです。また、米国の財政赤字は1兆6450億ドルで過去最大となり、米国債のデフォルトも懸念され、今後さらに円高傾向に向かう傾向にあります。FX為替の新理論FXバックドラフト


FXの個人投資家にとって、魅力的な展開かもしれませんが、ストップ値の管理を徹底しておかないと、全資産を失うハメに陥るでしょう。


ネットビジネスならこづちブログで、開運を・・。


債務上限引き上げ法案が上院で可決されたものの、米国の格下げ懸念は依然強く、米国株価も下落し投資家は楽観できません。


円高は、日本の震災後の復旧に支障が出るので、日銀は継続介入が必要になるでしょう。為替介入で産業界も歓迎しているようですが、アメリカ経済が不透明でどこまで支えられるのでしょう。FX投資なら全スキャFX


昨晩にはトリシエECB総裁が世界経済減速の見方を受け、8月5日午前11時対ドル78.7円、対ユーロ111.1円を推移しています。


超速中国語,FXバックドラフト 理論【FX-BACKDRAFT/FXバックドラフト】

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://www.xggh.org/tb.cgi/66

C O M M E N T


Name :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  1000


   プレビュー